誰が鳴らすか、あの鐘は

公子2016日本一


ニコニコ(いっしょの絵です)

pixiv(こちらもいっしょです)








あんまり普段「優勝おめでとう!」絵って描かないんです。
何故なら毎年描かなくちゃいけなくなるから(笑)
イラスト構図のボキャブラリが無い僕には
1年に1枚でも苦しむのが目に見えておりますので。。。

しかし今年は描かざるを得なくなりました。
何故なら
CwT_g3pUUAAdjx1
ばせばららを描いていることを知っている
リア友が日本一記念に
↑こんなもの↑
を家に送りつけて……
いや、僕の元に送ってくださったからです。

とってもカワイイです。
しかし。
本当、でかいです。
重いです。
写真撮る時腕が震えっぱなしでした。

こんな賄賂、あ、いや、
ファンの方からどっしり形になる支援を頂いたからには
何かささやかになりますが
御礼をしなくては……と思い、描きました。
しかしこんな自分のしがない絵で御礼出来たとは思えません。
これからも少しづつ感謝の気持ちを示していけたらと思います。
本当にプレゼント、ありがとうございました。

あ、写真内のユニフォームは僕が以前購入したものです(笑)
ハムファンの友達みんなで春先にバースを買って
球場で一列に並んで応援していたのですが
まさかあんな大活躍するなんて…… (笑)
い、いや、決してネタで買ったわけじゃないぞおぅ。
断じてないぞおぅ。
日本シリーズでタイムリー打った時は
爆笑したほどのファンです。 

話を絵の中に戻しますが、
筆ペンで文字が入ってます。
ファンの方はご存知かと思いますが
ファイターズ球団歌の「ファイターズ賛歌」内歌詞です。

記憶内部で
「これ確か結構古い曲だよなぁ。
 だって一番はじめ聞いたのレコード盤だったもん」
と思っていた通り、
調べて観るとNPBに現存するチーム限定ですが
阪神タイガース「六甲おろし」(1936年制定)、
読売ジャイアンツ「闘魂こめて」(1968年制定)に次いで
3番目に古い(1974年制定の)球団公認歌なのだそうです。
一番はじめに歌ったのは……
闘魂こめてが「グラウンドの棒読み師」こと……
間違えた、「世界のホームラン王」こと
王貞治元選手だったので
ファイターズのレジェンドと言えば
張本勲元選手が歌ったのかと思いきや
ファイターズの方はささきいさおさんが歌いました。
冒険しなかったのですね。

僕が一番聞いていたバージョンが
速水けんたろうお兄さんのバージョンで
2000年に一新されたもの。
凄く爽やかなんですね、これが。
だんご3兄弟をNHK教育で歌っていた
お兄さん卒業後のデビュー曲では
かなり情けない曲だったという思い出が
強烈に残っているのですが
やっぱり爽やかな歌声は本当に素晴らしいと思います。
え~と……デビュー曲は……
「Chu! Chu! は恋の合言葉」だったかな?
まあうろ覚えですけど。
ゾクゾクする曲ですよ。いろんな意味で。

と、今調べたらオーレンジャーの曲も歌われているのですね。
「走り出したら(オレ!)止まらないぜ(オレ!)」
どおりであの曲も熱く爽やかだと思った。

あれ、速水けんたろうさんの話になっちゃってる。
話を戻しまして……(笑)
現在のバージョンでは札幌市出身のロックシンガー、
上杉周大さんが歌っているバージョンです。

ファイターズ賛歌は本当に大好きな歌で
結構聞いています(笑)
それもスポーツテーマとしてではなく、
邦楽、洋楽に混ぜて。
たまにふと、すごく聞きたくなるのです。
歌詞は結構熱いのに
「爽やかに進んでいこう」という感じが
心にゆとりと余裕を持たせてくれます。
進むんだけど、ゆっくりと、余裕を持って、進む。
爽やかに。
僕が爽やかかと言われれば絶対違いますが(笑)

GoGoファイターズも大好きです。
あのヘビーヴォイスが!
権利関係で使われなくなったのではないかという噂ですが
……また球場で聞きたいな~。

なにはともあれ北海道日本ハムファイターズ、
日本チャンピオン誠におめでとうございました!





あ、
やっちは普段、賄賂は受け付けておりません、あしからず。