2017年!
NPBではキャンプもはじまり!
今年はWBCもあって野球ファンにとっては
いつもよりちょっと早く野球が楽しめますね!

お陰様で昨年は皆様に支えられ
内容からすると全く想像も出来ない
輝かしい結果を残してしまった
「ばせばらら」ですが
皆様の(もしくは一部の大変アツい方々の)
ご声援も頂きまして今年も制作させて頂きますので
何卒、また、チョーお暇な時で構いません!
ご視聴し、お楽しみ頂ければ幸いです!

Twitterや当ブログで公示しておりましたので
ご存知の方もいらっしゃると思いますが
今年からは新キャラも登場いたします。
そこでお声をしてくださる方々も募集させて頂き、
たくさんの方にご応募頂きました!
準備が整い次第、
お声をやってくださる皆様を
ご紹介したいと思っておりますので
もうしばらく、お待ちくださいませ!

現在、新しいお話を作る準備をしている毎日ですが
今日はちょっと製作者である私の心境を
お話したく記事を書いております。
今年の1月より3月頭まで
アプリの宣伝を兼ねて
ニコ生を中心に生配信しておりますが
そこでよく聞かれるのが
「どうして”ばせばらら”を作っているのですか?」です。

この回答はちょっと難しかったりします(笑)
生配信の中でも申しました通り
このアニメは決して「お金が欲しい」とか
「名声が欲しい」とかで作っているのではありません。
完全に僕の趣味で作っております。
と、言っても僕の性癖を発表してる訳ではありませんよ!
そこは本当に間違われないようお願いします(笑)

皆様が快感を得られる瞬間はどんな時でしょうか。
美味しいものをお腹いっぱい食べれた時。
時間を気にせずいっぱい寝れた時。
えっちなことが出来た時。
人によって色々な欲の解消法があると思います。

若い頃は欲の塊で甲斐性なしな私でしたが
今ではすっかりいい年したジジイなので
食欲も性欲もすっかりなく。
睡眠欲もちょっと寝ればすぐ満たされちゃう。
眠ろうと思っても起きちゃう。
もう完全なジジイです。

でも若い頃から今でもなくならないのが
「制作意欲」だったりします。
この欲は欲求の欲とは使い方違うのかな?
とにかく、僕は未成年の頃から
作品を作り上げて公開しないと
欲求不満を解消出来ない体質なのです。
これは何をしていても
いつも気になってしまうことなので
もうネタが思いつく限り
一生開放されないんだろうな、と
諦めております。やだなぁ。

スタジオ・ジブリでお馴染み宮﨑駿監督が
引退を撤回しまた作品制作に意欲を示したそうです。
おそらく宮﨑監督もおんなじ病気なんだと思います。
何か作品を作って公開しないと満たされない。

私みたいなダメダメなアニメを作ってる人と
そんな日本を代表する大大大アニメ監督を
一緒にするなんてどんだけ上から目線なんだよ
と思われたかも知れませんが(笑)
これは一種の病気みたいなものなのです。
言うならば、例えばですが
宮﨑監督が
「実は子供の時、
遊んでて骨にヒビを入れちゃったことがあるんだよね」
と、インタビューに答えていたとしてそこで私が
「僕も小学校の時、コケて骨にヒビ入れたなぁ」
って話をしてる。

それと同じです(笑)

わかりづらいですか?
それならば例えばですが
宮崎監督「実はロリコンなんだ」
私「実はロリコンなんです」
っていう感じだったらどうですか?
ね、説得力あるでしょ?
いや、例え話ですよ。

まぁともかく(笑)
「でもそんな人いっぱいいるのではないの?」と
思わるかも知れませんが、
その通り、世の中には
何か作っていないと落ち着かないという人が
わんさかいると思います。

でもそれも一緒くたでなくて。
たとえば「作ってるだけでいい」っていう人もいるし、
「ちゃんと公開してみんなに観て欲しい」って人もいるし、
「評価が欲しい」っていう人もいる。
私のは「これ面白くない?面白いよね」っていう作品を作って
皆様に観てもらえればそれで満足です。
評価は「w」の一文字だけでも
貰えたらそのうえさらに幸せですし
「面白いかなぁ」と首を傾げられても
まぁ観てもらえて感想頂けたということですので
幸せです(笑)同意されてなくても!

でも
「なんか面白い奴がいる」とか
「スゴイ」なんて
思われたいって訳でもないんです。

宮崎監督もそうだと思うんですよね。
別に高評価は……あればあるで良いのでしょうけども
評価なんてされなくてもいいや、みたいな。
ただ自分の作りたいものを作りたい!という感じで。
そしてみんなに観てもらいたい!という感じで。
富や名声なんて興味ないんだと思います。
僕もそうです。
ただ単に面白いと思ったから作った。
まあ作ったし観てみて!みたいな。
再生数が想像もしてなかった程の数値を叩き出したり
ランキングで1位を取ったという思い出は
本当に光栄ですし幸せですが
それが欲しかった訳ではないのです、本当に。

ただ本当に、「これを観て笑って欲しかった」というだけです。

……いや、カッコつけてる訳じゃなくて、本当に(笑)

再生数を稼いだり、ランキングにランクインしましたが
「よっしゃ!僕のネタが支持されたぞ!」とか
「人気アニメの仲間入りだ!」とかで
バカみたいにはしゃいだということは
まだたったの5回しかありません。
たまたま運が良かっただけだと思ってます。

今年もただ淡々と去年のスタート時と変わらず
「こういうの思いついたんだけど、面白くない?」
という気持ちでアニメを作って
ただただ皆様が笑って頂けたら、
それが本当にただただ幸せです。

そんなこんなで!
皆様、2017年も
どうぞ「ばせばらら」をよろしくお願い致します!





2017年2月26日
ばせばらら作ってる人:やっち